掘り出し物件は隠されている!?優良物件の探し方

インターネット掲載物件は現地待ち合わせ

賃貸物件を探す時にインターネットを活用するとある程度の相場が分かってきます。中でも気になる物件が見つかった際には、サイト経由で不動産会社へ連絡をしますが、騙されたくない場合には現地待ち合わせを初回は行うと良いです。なぜなら、実際には募集が終了しているまたは募集すらしていない客寄せのために掲載されている物件が存在するのです。現地待ち合わせができれば、少なくとも釣り物件を掲載する不動産会社では無いことを確認出来ます。

最初からエージェントを使う手もある

不動産屋へ騙されたり誘導されて条件と合わない賃貸物件を契約させられた経験を持つ人は多いものです。心理学を応用した物件の勧め方をする不動産屋も登場しているので、トラブルに巻き込まれたく無い場合には仲介を専門とするエージェントを間に挟むと良いです。条件を伝えるとピッタリと合った物件を次々と送って貰えます。その中で気になる物件の内見を依頼すれば済むのです。条件交渉も間に立って行ってもらえるので、比較的すんなり決まることも多いです。

自分の足で回るなら初回はすぐに帰ろう

複数の不動産会社を回って納得してから契約したいと考える場合には、初回は内見せずにすぐに帰るようにすると良いです。良い物件が見つかったら連絡が欲しいと話しておけば、納得が行く物件を真面目に探してもらえます。初回に見せられる物件は、不動産会社にとって多額の広告費を大家から取れる物件を見せて反応を見られているので、納得しない様子を見せることが大切です。探す意思はあるけれどもこの程度の物件しか無いなら契約しないという様子を見せることで条件に合った物件を探すか、隠し玉物件を見せてもらえます。

賃料と引き換えに、物を貸すことを賃貸と言います。多くの場合、借家等の物件や駐車場を、期間を設けて貸し出すことを意味する場合が多いです。