賃貸選びは不動産会社選び!?不動産会社のタイプは3つある

大規模チェーンやフランチャイズ店の特徴

駅前によくある有名店では、賃料が高い場所に店を構えているのでスタッフ数も多く広告も派手な傾向があります。物件の情報量は実は大手でも小規模店でも不動産会社専用のネットワークがあるので大差ないのです。店内に入り記入したエントリーシートに記載した通りの物件が紹介されれば良いお店に巡り会えたと言えます。しかし、家賃上限金額を1円でも高い物件を平気で出してきたら、残念ながら紹介は受けずに情報収集用のお店と割り切った方が良いでしょう。

地元の大手不動産会社の特徴とは

地域全体の不動産情報に強い地元の大手不動産会社は、賃貸よりも売買契約に強い傾向があります。賃貸部門には比較的女性担当者が多い傾向があり、問い合わせ内容に大して淡々と答えてもらえる傾向があります。最小限の労力で客付けすることが目的で、全国チェーン店ほどノルマは厳しくないので案内は強引ではありません。ただし、地元の清掃業者や保証会社、鍵屋との業務提携関係による縛りが多いので敷金礼金などの費用以外にかかる諸費用と呼ばれている部分が増やされていないか確認しましょう。

地元の小さな不動産屋は信頼関係が大切

地元の小さな不動産屋では、インターネットに公開されていない自社管理物件を持っている傾向があります。中でもオーナーから直接募集依頼を専任で請け負っている専任媒介物件の割合が多い特徴を生かして、個性的な物件に巡り会えるチャンスに恵まれています。担当者と話をしてウマが合うようであれば、募集開始前やリフォーム前の物件を紹介してもらえることもあるのです。長期入居者が多く住む優良物件と出会える可能性が高いのは小さな不動産屋といえます。

帯広の賃貸マンションは、転勤が多い人に最適な賃貸マンションになっていて急に転勤になったとしてもすぐに引っ越すことができます。